仮性包茎で風俗利用で青ざめた体験【静岡】

仮性包茎を放置。

彼女がいるわけでもない。

特定の女性のパートナーがいるわけでもない。

だったら、すぐに包茎を治す必要のない生活。

包茎のままでも仮性でなら、苦労は少ない。

結果的に見た目を気にするなんて相手もいないからどうでも良い。

こうした環境的な条件からいつまでもしばらくは放置している人も少なくないはず。

静岡中央クリニックに御来院される患者様の中には、仮性包茎のままで風俗に行った先で

「もっと早く包茎手術をしておけばよかった」

こんな言葉を口にしている人が、なぜかいらっしゃるのが現実。

仮性包茎と風俗利用の盲点

仮性包茎と風俗

仮性包茎をそのままにして風俗に行くことは別にサービスを受ける事には何も問題はない。

しかし、安全に?病気とは無縁で?

こんな内容を考えていくと、ふとしたことが起こることがある。

仮性包茎の風俗利用の盲点1.女性からの発言

仮性包茎は別に普通のこと。

男の大半が仮性包茎とも書いてあった。

だったら、別に女性から何か言われることも無いんだろうなぁ!

こんな想像していませんか?

でも、やっぱり仮性包茎をどこかで気にしている人が順番に包茎手術を受けているのも現実。

そうなると、こんなこともあるそうだ。

風俗に行って、スッキリした後に女の子と話す時もある。

「仮性包茎って治さない人もいるんですか?」

こんな質問をもらった人もいる。

なぜそんなことを聞いたのかを尋ねたら、元カレが仮性包茎を治したという女性だったそうです。

その後のセックスでは、悪臭や不快感というのが解消された部分があった。

それまでは知らなかったことが、包茎のせいだったと違和感を感じていたことと合致したそうです。

こうした状況を見て、仮性包茎を放置する人と治している人という違いが気になったそうです。

治さない理由!

まさかそんなことを気にされているなんて思うと女性の前に立つこともかなり慎重に考えてしまう瞬間になりませんか?

仮性包茎で風俗利用後に性病

風俗利用しても性病になる人もいればならない人もいる。

同じように仲間うちで男の夜遊びに繰り出したとしても女性が性病になっているのかなんて素人にはさっぱり!

まさか自分が!

こんな声を口にしなければいけない人も決して珍しくないようです。

クラミジアや淋病

コンジローム

カンジダ

性病なんて、風邪や鼻炎と違って、経験がなければ知らないことの方が多い。

結果的に、こんな体験をしたという人もいました。

自分の友達は、仮性包茎を治した後からは性病知らずになった。

治すか迷った時は合ったけど結果的には関係あるのかないのか知らないけど、良かったのかもしれない!

こんな気持ちになる人もいるという現実が同じ風俗利用の時間でも差が出てくる。

こんな体験で、あなたなら何を考えてその後の人生で快楽を求めますか?

男の悩みは静岡中央クリニック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ