下の世話をされる前に男が悩むこと

仕事ばかりしていた時には何も気にする事もなかったはずの自分の身体。

無理をして働くこともどこかで自分の意地やプライドだと懸命になっていた毎日。

でも引退したらどうなった?

毎日退屈な日々になって自分の身体の衰えも日増しに自覚することが増えていく。

いつか自分も誰かに世話になる必要があると心の奥底で考え始める。

そんな時、自分の身体やいろいろなことを思い返す人もいる。

子供が今どこに住んでいるのか?

誰に相談することができるのか?

高齢者という言葉に該当する日が近くなるにつれて、自分の中で焦りと不安がおしよせる。

そうした中で下の世話なんて言葉をどこかで考えた時今の自分の状態が本当に安心と思えるのかを考えてしまう人もいる。

自分が老後の世話を受ける時の苦痛

 

ネット上でも子供たちが近くに住んでいないという状況に不安を隠せない人の相談が少しずつ増えてきている。

子供たちに迷惑をかけたくない。

でも自分のことも自分でできなくなったらどうする?

誰かの助けを求めるにしても女性に介護をされるのは抵抗がある。

実際に奥さんでも自分の下の世話をお願いすることなんてプライドが許さないという男性もいるはず。

でも奥さんにも先立たれたあとには結局だれにも頼ることが出来ない時が来る。

こうなった時に、下の世話となると何が気になる?

この1つに悪臭という言葉がある。

歳をとって加齢臭に悩む男性もいる。

入れ歯があることで口臭に悩む人もいる。

身体が柔軟に洗う事が難しくなってきて手入れが大変になってくる場所はどうなる?

汚くてもお風呂に毎日入っていればいいだろうと思うような毎日を過ごしている人も少なくない。

そうした先に自分の身体からこれまでには感じたことがない異臭がするようになったら?

そのままの身体で誰かに下の世話をしてもらうというのはいささか申し訳ないと思ってしまうこともある。

自分の身体すらきちんと手入れが出来なくなってしまったというのがまるわかりになってしまうことも恥ずかしい。

そういう自分の衰えを自覚したくないと思う自分にもまたストレスを感じるようになる。

もしあなたがこういう悩みをお持ちになっていたら、包茎を治すことでもしかしたらニオイの原因を処理できるかもしれない。

専門のクリニックで無料の診察やカウンセリングを受ける。

これだけでも気持ちの整理ができるきっかけになるのでは?

自分の人生は1回きり。

だったら最後の最後まで自分できちんと管理したいですよね。

男の悩みは静岡中央クリニック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ