包茎をごまかすことが苦痛

周囲と自分を比較する。

自分が他人と違う事は怖い。

周りの目が気になる。

自分に自信を持つことができない。

いろいろな場面で人は他人と自分を比較する。

その対象の1つに包茎を他人と比較するという悩みもある。

仮性、かんとん、真性などの種類は別。

自分のペニスの状態が子供っぽいと思うことで他人に見られたくないとか知られたくないと劣等感を持つ。

そして、いつしか必死にごまかす努力をしていたという人もネット上には多い。

自分の事を知られないための努力

 

寮生活、部活の部室での着替えのシーン。

団体旅行での入浴の時間。

自分の身体を他人に嫌でも知られる機会がある。

その時、自分の身体に自信がある人と無い人の反応は大きく違う。

包茎以外にも他人に太ったと思われたくないと思っている人は必死にお腹を引っ込めようとしている。

少しでも他人に良く思われたい。

自分が周りと違うと気づかれないために!

いろいろ考えていると、最後にはどこに行ってもごまかす方法を先に考える習慣になっている人もいる。

自分の身体のコンプレックスはずっと続く

自分からカミングアウトできるような勇気もない。

学生、社会人、親、祖父と人生の中でどんどん言いにくい環境は増える。

結婚する前までに解消しておくべきだったと悩む独身時代。

子供が生まれる前に直しておくべきだったと思う子育て世代。

思春期の子供の性に関する悩みの質問に答えてあげられないと悩む親の世代。

いつか自分が介護をされる時を不安に思う年齢になった時。

いろいろな場面で男性はその場にいる人との人間関係をうまくやっておくために毎回ごまかすことを考えなければいけない。

でも相手が小さいとか幼い時ばかりではない。

徐々に成人相手になってくるともうごまかすのも限界と思えるシーンもある。

例えば、会社の同僚との団体風呂なんてシーンは年齢が近い世代同士となれば、何となく行動から察しがつくとされてしまうことも恐れる。

自分が毎回誰かの目を気にするような生き方に窮屈さを感じたら?

包茎は、専門のクリニックで相談することが大切。

全国では包茎手術を対応しているクリニックや泌尿器科がある。

自分の住むエリアで探す事も大切。

少しでも多くの人の対応をしている場所を探すなら、自分の住むエリアから近い都市の情報を探すのも大切。

その情報の先に、治すべきなのかを決めるのはあなた自身。

でも悩み続けるのは今だけの問題ではない。

だったら何ができるのかを知ることが先。

 

 

男の悩みは静岡中央クリニック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ