ペニスがかゆいけど土日休みの人はどうする?

男性器がかゆいことに気がついた人も休みの日を利用して泌尿器科などに行くのは難しい。

どこも休みだし、救急の病院に行くのも恥ずかしい。

薬を買いたいと思ってもいざ薬局でどんな悩みなのかと質問されたら答えにくい。

だからといって、ネットの通販で薬を買うにも、何を選べばよいのかわからない。

こんな時にまずは先生に診てもらいたいと思う人はどうすればいいのか?

保険がきかない医療施設を探す

 

泌尿器科や皮膚科は、保険が使えるから誰でも気軽に足を運びやすい。

でもその分いろいろな人がいて、混雑している日もある。

待ち時間が長いと隙間時間に会社を抜け出していくのも難しい。

こんな人にも平等に診察を受ける機会があるのが、保険がきかない泌尿器科。

包茎手術などを行っているクリニックであれば、性病などもあわせて相談が可能になっている場所もある。

初診料や診察が無料が多い

保険が使えないと高い治療費を請求されても困ると思う人は多い。

でも包茎手術などを行うクリニックでは、初診料や診察やカウンセリングが無料となっている場所も多い。

予約をする必要があるのが少し手間かもしれない。

でも混雑を心配しない。

待ち時間も気にする必要がない。

このような案内をしているクリニックが多いので、どうしても土日祝日などの仕事が休みの時間を使って対応をしたい人にはおすすめです。

保険が効かない分薬代は要確認

薬の代金は、クリニックによって違います。

だから、自分の通える範囲のエリアで探して料金等の案内を比較しながら探す事をお勧めします。

治療ができるのかどうかを事前に確認する事も大切。

自分の具体的な悩みを事前にメールや電話で相談することも可能です。

薬がきちんと出してもらえるのかどうか?

費用は目安としてどのくらいかかるのか?

こうした事前の情報を確認したあとで、自分の思っていた内容と違うと思えば、電話やメールの対応だけで行くのをやめるのも自由。

いくタイミングは?

一時的にかゆくなっただけかもしれない。

そのうち治るかもしれない。

まだ薬を使わなくても生活には支障がない。

多くの人が忙しい時間のすきまを使ってお店などに足を運ぶ。

わざわざ自分のペニスがかゆいなんてことを他人に伝えることが嫌だと思うこともある。

それでも長く続くような時には仕方がないから薬を使うしかないと思うケースもある。

自分の中でどうしようもない。

早く治したい。

こう感じた時には、通う場所を探すというのはどうでしょう?

 

 

男の悩みは静岡中央クリニック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ