包茎手術後の出血は?【静岡の悩み】

包茎手術を受けたい。

包茎手術後の出血があると困る!

包茎手術は仕事の休みの前がいいの?

包茎手術をアルバイト、パート等の仕事から現場仕事等をしてる方まで仕事への影響として心配してる方の中には、出血を心配する方も多いです。

このページは、静岡県JR静岡駅徒歩1分に位置する静岡中央クリニックの治療の中でも包茎手術について、治療前の悩みや不安、治療を受けるきっかけ等を患者様の声からご紹介しています。

今回の悩みは、包茎手術後の出血について。

どんなことを気をつけるべきかを含めて御覧ください。

包茎手術後の出血はしないとは限らない!

包茎手術後の出血は?【静岡の悩み】

包茎手術を受けたけど、出血は全く感じなかった。

このような感想を持つ方も居ます。

しかし、この答えが全てではないのです。

包茎手術後の出血を心配するのはどんな人?

包茎手術をしてから出血が多い人に特徴はあるのか?

このような傾向について、1つの例をご紹介していきます。

普段の生活の中でも出血は止まりにくいと感じる方。

この場合は、当然出血をしやすい可能性はあります。

しかし、包茎手術=出血が多いから生活制限が必要。

こんな極端な考えを持つ必要はありません。

お酒をのみすぎない。

心臓をドキドキさせながらの状況を継続しない。

このような環境への配慮があれば日常の生活には出血を増やす要因は少なくなります。

包茎手術の薬もお渡しします。

出血は当然外見的にも心配になる1つ。

ですから、静岡中央クリニックの治療後には、抗生物質と止血剤もお渡ししています。

飲み忘れると出血が止まらないではありません。

しかし、少しでも止血効果のある薬を飲むことで防止して頂くという事を目指してお渡ししております。

自分の精神的な安心のためにも3日間毎日食後に朝昼晩でお飲み下さい。

出血が多い時の対処法も徹底指導します。

包茎手術後の出血が多い時はどうすればいいのか?

このポイントも必ず手術前に説明をしております。

自分勝手な判断をして頂くための治療ではありません。

正しい対処法を知っていただければ、個人差という言葉を傷の治り方まで広げて考えて頂く必要がなく、終わります。

多くの方が包茎手術は誤解をしていることも多いです。

しかし、大切なポイントも当然有ります。

あまり先入観を多く抱く前に、治療説明を聞いた方がわかりやすいと思います。


包茎手術は静岡中央クリニックへご相談ください。
0120-088-791

男の悩みは静岡中央クリニック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ