包茎手術は肝炎でも治療は可能?【静岡の悩み】

包茎手術を受けたいと思っている。

現在B型肝炎、C型肝炎の治療を受けている。

このような他の治療を受けているけど、包茎手術は受けておきたいというご相談は、静岡県内でも増えています。

このページは、静岡県JR静岡駅北口徒歩1分に位置する静岡中央クリニックの治療の中でも、包茎手術について、治療前の不安や悩み、治療を受けた経緯等を患者様の声からご紹介しています。

今回の悩みは、肝炎と包茎手術。

B型、C型肝炎と診断されて、治療を受けている方でも包茎手術をすべて諦める必要が無いことを知っていただきたいと思います。

包茎手術とB型C型肝炎の影響は?

包茎手術は肝炎でも治療は可能?【静岡の悩み】

包茎手術を受ける時に、B型C型の肝炎になってると、何か問題あるの?

このような疑問をお持ちの方に、悩み解決のヒントをご紹介していきます。

肝炎があってもキャリア化は問題ない!

過去の肝炎治療経験があり、今はキャリア化しています。

このような状況の方はまずは安心していただきたいです。

実際に、静岡中央クリニックでもC肝、B肝のキャリア化の診断をサれた方の包茎手術実績は豊富にあります。

ですから、特別肝炎だからという言葉で心配をして頂く必要はありません。

しかし、いかのような方は注意が必要です。

肝機能が今も低下している。

抗生剤等の投与も肝臓の機能低下で心配されている。

こうした状況の方には、それぞれの環境に応じた適切な事前の確認事項も御座います。

しかし、このような状況でのお問い合わせはかなり少ないのが現実。

実際には、肝炎の治療が落ち着いたからという状況の方からの包茎手術相談のほうが大多数。

ですから、基本的には、心配をしすぎずに安心して治療をご案内出来るとお考え下さい。

もちろん、肝炎以外の治療を並行して治療してるケースも必ずご確認が必要になります。

静岡中央クリニックにご来院いただきました際は、必ずカルテを記入して頂きます。

その時、病歴の有無、治療中の投薬名等も明記しております。

必ず治療中の方は、お薬手帳や自分の今飲んでる薬がわかる書面をお持ち頂く事を強くお願いしております。

安全な治療を目指すために、ご協力をお願い致します。

肝炎に悩みながらも、包茎手術を希望される方も諦める前にご相談下さい。


包茎手術は静岡中央クリニックへご相談ください。
0120-088-791

男の悩みは静岡中央クリニック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ